アラスカンマラミュートの莱夢の旅行情報です。軽井沢のワンコ連れおすすめ情報を紹介しています。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 軽井沢で避暑 

アラスカンマラミュート スカイパーク 画像
日時  2001年8月6日〜7日

場所

 軽井沢
お宿  ペンション花闊歩
立ち寄り
スポット
 (1)旧軽井沢
 さすが夏の軽井沢!ものすごく混んでいて、旧軽銀座は人・人・人!駐車場の相場は800円が主流。でもよく使う駐車場は600円でした。駅の近くに500円というのも発見!
 今回のお土産は(相変わらずの)「しゃっきり娘」と、沢屋の「ミルクジャム」でした。ミルクジャム、紅茶との相性は抜群です!
アラスカンマラミュート 旧軽井沢 画像

 (2)レストラン ミカハウス
 駅から旧軽に向かってメインストリートを歩くと、左手に小さなレストランがあります。「ミカハウス」はワンも店内に入れるレストランです。(よぉ〜く看板を見ないと見落としちゃうかも・・・。)店内はカーペット敷きなので滑りません。ワンには冷たいお水を出してくれますが、ワン用のメニューはありませんでした。
 いわゆる「大衆レストラン」という感じで、ケーキセットなどはありませんでした。「お茶したいなぁ」と入ったのだけど、そういったメニューはないので「杏仁豆腐(650円だったかな?)を頼みました。味はグッド!

 (3)ペンション花闊歩
 今回も例によって例のごとくお世話になりました。ダイニングと階段を改装したらしく、階段がなだらかになったようです。各テーブルの下に頑丈そうなリード用のフックも付きました。また、お庭が柵で囲まれたので、ワンを安心して遊ばせられるスペースが増えました。「お茶しながらワンが遊ぶ姿を見てのんびり」なんて、絵に描いたような休日が楽しめそうです。(*^_^*)
 裏の牧草地は草が深くてあまり遊べませんでしたが、別荘地は静かで緑が濃くて、散策にはもってこいでした。
アラスカンマラミュート 北軽井沢 画像 アラスカンマラミュート ペンション 画像

 (4)スカイパーク
 ペンションから車で15分ほどの施設(冬は「スノーパーク」というゲレンデになります)。入園は無料です。ドッグランの使用は300円。園内はなだらかな芝生の斜面に花壇がいっぱいあって、お散歩するにはサイコーでした。リフトに乗って山頂のコスモス畑を散策するのもステキ!リフトは片道300円、往復500円でした。このリフト、いわゆる普通のペアリフトですが、ワンも無料で乗ることができます。ただし、万が一暴れたりしたら落ちてしまう危険もあるので、ワンの様子や体調、性格をよぉ〜く考えてから乗せましょう。

 (5)カフェ 軽井沢DOG
 離山通りにある、ワンOKのカフェ(クラフトのショップでもあります)。ワンはテラス席となりますが、散策の途中でお茶するのにはもってこいの場所。犬好きのオーナーは「ワンだフル軽井沢」の活動メンバーです。気さくにいろいろな話をしてくださいました。ワンにはお水と記念撮影がもれなくついてきます。店内の壁には、カフェを訪れたワンの写真でいっぱい!莱夢の写真もあるから、探してみてね!
アラスカンマラミュート スカイパーク 画像 アラスカンマラミュート スカイパーク 画像

 待ちに待った軽井沢への避暑旅行!ところがどうやら神奈川もこの数日は涼しいらしい!?嬉しいような哀しいような・・・。一応長袖を1枚だけ持って、いざ軽井沢へ出発!

 平日の朝8時出発とあって、国道は意外にも混んでいました。圏央道の入間インターに着いたのは、なんと10時半!しかも、ここで私はスゴイドジをしちゃったのです。この日は広島に原爆が投下された日・・・・。ラジオからは、子供を亡くした母親の手記、「星は見ている」を朗読する声が流れていました。つい聴き入って涙ぐんだ私の心は、しばしトリップ状態。はっと気が付くと、車は青梅方面に入っていました。ぎゃーーーー☆やっちまった!!旦那さまに笑われながら、青梅まで行ってUターン。

 高速に乗ってからは順調に進んでいたのに、碓氷軽井沢のインターからは渋滞。原因は、南軽井沢にできたショッピングモールでした。今まで2車線あった道路の1車線を、駐車場に入るための専用車線に変えてしまったから・・・。旧軽井沢方面に行く車はただでさえ国道を右折するから混むのに、これじゃ、ますます混雑しちゃう!

 駐車場を探していざ旧軽銀座に繰り出したら、その寒さにびっくり。半袖じゃ寒すぎます!気温は15度くらい。あいにくの曇り空で、緑もなんだかくすんで見えました。それでも旧軽銀座はものすごい混雑!莱夢はすっかり大人になって、以前のように人ごみに興奮して私を引っ張るようなこともなく、左側にぴったり付いて、ゆっさゆっさと尻尾をふりながら優雅にお散歩。相変わらず無口な子だから、人ごみをすり抜けるときも背中向いてる人は莱夢に気が付かないの・・・。足に莱夢の尻尾が触れてギョッと振り返る観光客の方がいっぱいいました。みなさん、脅かしてゴメンナサイ。莱夢とまともに顔を合わせてしまい、「ワーン!オオカミがいるぅーーー!」と泣いてしまった女の子、驚かせて本当にごめんね〜。(恐い顔のワンて損だなぁ・・・)お土産を買ったら、さっさと花闊歩へ!ゴチャゴチャした街中を抜けて、早く莱夢を自由に遊ばせてあげたいなぁ。国道を草津方面に抜けていくと、標高に伴って気温がぐんぐん下がってきました。半袖しかもってこなかった旦那さまには辛いかも・・・。

 花闊歩は相変わらず過ごしやすい、ワンに優しいペンションでした。早めに着いたので新しくウッドフェンスで囲われたお庭でさっそく遊びました。莱夢のマイブーム、キューキュー音が出るボールで「取ってきて」をしたり、パパとサッカーしたり・・・。ちょっと休憩してから、今度は裏の牧草地までお散歩。たくさん走ってたくさん遊んで、莱夢はすっかりオネムでしたね〜。夕食前のプレイルームでは、莱夢はとっても不満そうでした。思えば今日はまだワンどうしで遊んでいない・・・。「いっぱいワンがいるのに、なんで遊べないの?」って、ちょっと機嫌悪かったようです。ひっくり返ってお腹を出し、「ハオン!」と抗議してました。夕食後はコーギーのラムちゃんやパグのきなこちゃんと一緒に、お庭でいっぱい遊びました。これで莱夢も満足したらしく、露天風呂に入るころにはすっかりご機嫌に・・・・。前回までは「私も湯船に入れてよ」と文句言っていたのに、今回は夜風の匂いを嗅ぎながら、傍でいい子にお座り&伏せして待っていました。大人になったなぁ〜。

 翌日はあいにくの霧雨。チェックアウト前、ギリギリまでお庭でラムちゃんとゲン君に遊んでもらったので、莱夢はかなりヘロヘロ。予定では旧軽井沢の別荘地(雲場池、御膳水、幸福の谷など)を散策するはずでしたが、昨日の混み具合を見て変更!莱夢が思い切り遊べそうな、近くの「スカイパーク」に行くことにしました。ここのリフトは、いわゆるゲレンデにある普通のペアリフトですが、飼い主の自己責任の元、ワンも一緒に山頂まで乗ることが出来るんですって。莱夢に新しい体験をさせるチャンス!

 入園無料の園内はうっすらと霧に包まれて幻想的。お客のまったくいないリフト乗り場にとりあえず行ってみました。係りのお兄さんにお願いしてリフトを止めてもらい、莱夢がちゃんと乗れるかどうか試してみることに・・・。私がリフトの右端に乗って、左に空いたスペースを手で叩いて「乗って!」と言うと、莱夢はなんのためらいもなくピョンと飛び乗ってくれました。お尻を私に向けてじっとしています。リフトの幅は、莱夢のお尻と後ろ足が乗ってギリギリくらい。じっとしてさえいれば、大丈夫そう・・・。朝から遊んでちょっとまったりしてる莱夢なので、思い切って往復のチケットを買ってリフトで山頂を目指すことにしました。莱夢ちゃん、いい度胸です。ときどき景色を見回したり鼻を高くして匂いを嗅いだりしながら、登りも下りも問題なくクリアできました。むしろ、空中散歩を楽しむような余裕の笑顔。う〜ん、我が子ながら鉄の心臓だわぁ〜。

 中軽井沢の「軽井沢DOG」で、とても驚く話を聞きました。離山や軽井沢の森には、なんとツキノワグマが棲息しているそうです。つい先日も、離山にハイキングの行った観光客がバッタリ遭遇したとか。問題は家庭から出るゴミを求めて闇夜を徘徊する「ゴミ熊」。彼らは餌(ゴミ)に対する執着心から、ゴミ箱やコンポストを荒らし、やがてはゴミを持った人間をも襲うことになるとか。そうなった熊は「死」をもって「処分」されるそうです。ゴミ熊を作るのは人間です。モラルやルールを無視したゴミの出し方が、不幸なゴミ熊を生み出してしまう・・・。哀しいいことだと思いました。でも、軽井沢の「ピッキオ」という団体が、「共存」する道を探して啓蒙活動を展開しているそうです。愛すべき森の住人と、お互いに仲良くやっていくための活動の輪が少しずつ広がっているとか・・・。観光地や別荘地とは違う軽井沢の別の側面を知ることができ、もっと軽井沢が好きになったママでした。