アラスカンマラミュートの莱夢の思い出や育児など、日常をつづった2011年1月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2011年 1月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 1月1日(土)
 明けましておめでとうございます。今年も年明け前から近所の神社に出掛けました。舞台には小学生の踊り手が懸命に舞ってました。今年もみんなでお払いをしていただき、焚き火を囲んでゆっくりと甘酒で暖をとりながら、新年が無事に明けたことを噛み締めました。
 北斗はすっかりお兄ちゃんで、昴と一緒に追いかけっこしたり、窓辺でひなたぼっこしたりしています。昴はまだ、人間よりも猫が好きなようで、一時は私やパパに本気の猫パンチを繰り出し、威嚇もしてました。でも、嫌がらない程度に抱っこし、声をかけ続けて、少しずつ信頼関係を築いてます。そのせいか、だいぶ人間の手足を怖がらなくなりました。また、抱っこ中にゴロゴロ言ってくれるようになってきています。
 夜になって、昴は北斗を追いかけて初めて2階に行きました。ドタバタ賑やかに追いかけっこしていて、なかなか降りてこない2匹でした。
お正月のお囃子
北斗と昴
北斗と昴

 1月2日(日)
 2匹して2階の窓辺で日向ぼっこです。昴は北斗の傍が好きで、くっ付いてお昼寝しています。
 北斗は里親募集の掲示板がご縁で我が家に迎えた子ですが、親猫が家猫なので最初から人の手の温もりを知っていました。性格は「超」を付けても足りないくらいの甘えん坊で、目と目が合えば「ゴロゴロ、ズーズー」とご機嫌。もちろん今でも北斗はおおらかで優しく、甘えん坊です。手を出せばその手に擦り寄ってゴロゴロ言っちゃいます。
 そんな北斗の子猫時代と比べると、やはり昴は野育ちです。その牙と爪で戦って生命を繋げた事もあったのでしょうか?まだ人間を信頼しきってないのです。昴が心から私たちを信頼し、思い切り甘えられるように、少しずつ毎日を重ねていきたいと思います。
北斗と昴
北斗と昴

 1月3日(月)
 ふぅにねだられて公園に行ってきました。ウサギの遊具で元気に遊ぶふぅです。
 なんだか北斗君、元気がありません。食欲があまりなく、寝てばかり・・・。昴がいることがストレスになっているのでしょうか?入浴中にお風呂の蓋で休むのが好きな北斗のために、北斗と一緒にお風呂でのんびりしました。北斗はめいっぱいゴロゴロ喉を鳴らし、少しリラックスできたようです。
ふぅ

 1月4日(火)
 食欲は戻った北斗ですが、少し下痢気味です。やはり、昴が来たことがストレスなのでしょうか?心配です。
 昴は午後からずぅっと、2階のベッド下で篭城してます。昴は人間の傍にいることがあまり好きではないんでしょうね。北斗が2階に行くと、遊びたくてベッド下から出てくるのですが、私たちの姿を見ると、すぐにベッド下にもぐりこんでしまします。寒くないのかな?お腹空かないのかな?昴が我が家の次男としてやっていけるのか、少し不安です。なんだか弱気になってしまう私です。
北斗

 1月5日(水)
 北斗はやっぱり微妙に食欲がありません。下痢と言うよりも軟便気味・・・。明日、病院に行こうかと思います。
 北斗と昴の様子を見ていると、けっこう仲良しです。昨日は篭城していた昴ですが、今日は一転、リビングで遊んでいます。昴はケージ内よりリビングで遊ぶほうが楽しくなってきているようで、ケージから出てはちょろちょろと遊んでいます。北斗のベッドにも遠慮なく入りこむし、北斗の傍で喉を鳴らしながら寝たり、だいぶリラックスしているみたい・・・。よかった!ついには、ママが懐かしいのでしょう、北斗のお腹のあたりのニオイを嗅ぎながら、オッパイを探す仕草まで・・・。まだまだ子猫なんですね。
 昨日はちょっと弱気になってしまった私ですが、抱っこすればだいぶゴロゴロ甘えるようになった昴くんに元気付けられました。何よりも、昴を受け入れて一緒に寝ている北斗に頭が下がります。北斗の体調が心配だけど、北斗と昴は仲良くやっていけそうなので、その点だけは安心しました。
昴
北斗と昴
北斗と昴
北斗と昴

 1月9日(日)
 7日の夕方から実家に帰省してます。北斗の体調も心配ですが、もしも昴がいることによるストレスならば、乗り越えなければならないストレスです。あえて離したりしないで、自分たちで距離を掴んでほしいと願っています。
 8日の午後からパパも合流し、夜は大宴会でした。
 その夜、愛用している南蔵院の数珠がバラバラになってしまいました。今朝になってすべて拾い集め、無事に元に戻せました。
南蔵院の数珠

 1月10日(月)
 留守中は北斗と昴をフリーにしていたし、北斗が下痢気味なので心配していたのですが、北斗の下痢は治まりました。よかったです。
 昨日の夜帰ると、2匹はかなり激しいプロレスをするようになってました。昴はまだ小さいので、北斗に転がされ、乗っかられ、猫キックされて悲鳴のような声を出します。でもお互いに怪我をする訳でもなく、なんとなく一緒にいたりなど、仲が悪い訳ではないようです。北斗なりに昴を受け入れ、ストレスを発散しながらすごしているようです。
 昴はだいぶ人慣れしました。とくに私が撫でようと手をかざすと、ゴロゴロ言います。家族間のバランスがうまく整ってきたように思います。
 今日、昴の迷子札が届きました。ステンレス製の、1円玉よりも小さな物ですが、名前と私の携帯番号がしっかり刻印されている、北斗とお揃いのスグレモノです。万が一昴が迷子になってしまっても、私たちの手元に戻ってこれますね。迷子になんてさせませんが・・・。
北斗と昴
北斗と昴
北斗と昴
昴

 1月11日(火)
 昴が来て2週間。いつのまにやらご覧のとおりに仲良しの北斗と昴です。毛繕いしてあげてるかと思えば派手にプロレスごっこをしたり、追いかけっこしたり、北斗はほどよい緊張感があり退屈しないようです。
 この2週間で昴もすっかり家猫になりました。抱っこされるとゴロゴロご機嫌になり、そのまま眠ってしまうことも・・・。安心して臍天で寝ている昴を見ていると、こちらまで癒されます。とってもキュートで可愛い、そしてクールな昴です。
北斗と昴
北斗と昴
北斗と昴

 1月12日(水)
 北斗のベッドに一緒に入って眠る昴。昴は北斗が大好きで、いつも「ルールー」と喉を鳴らしながらプチストーカーになってます。以前は寝室のベッド下に入り込むと、まったく出てこなかった昴・・・。今は15分くらい遊ぶと淋しいのかリビングに戻ってきてくれるようになりました。人間の傍が好きになってくれたようです。
 北斗のおおらかさ、優しさには頭が下がります。
北斗と昴

 1月15日(土)
 一緒にテレビ鑑賞中?仲がよいことで・・・。 北斗と昴

 1月16日(日)
 写真の美人さん、名前を「ラムちゃん」と言います。すっごく可愛いでしょ?彼女は、ずっと会いたかったマラミュートのお嬢さんです。今日、念願かなってラムちゃんに会うことができました。
 ラムちゃんとの出会いは2008年の秋でした。莱夢の病気が好転し、一緒に旅行するくらい元気になり、私の心にも暮らしにもゆとりがあった頃です。ラムちゃんのママさんから嬉しいメールをいただきました。このウェブサイトを見てくださっていること。莱夢のことをお手本のように思ってくださっていること。初めて迎えたワンコのラムちゃんに戸惑っていることなど・・・。何度かメールでやりとりさせていただきました。家が近いこともあり、ラムちゃんの予防接種がすべて終わり、自由に出掛けられるようになったら、一緒にお散歩しようと約束しました。その約束を果たせないまま、莱夢は空に還ってしまったのです。ラムちゃんママさんは心配して、とても温かいメールを送ってくださいました。
 パソコンの電源を入れることすら滅多になくなった私が、ようやくサイトのリニューアルを終えた頃、ずっと心配してくださっていたラムちゃんママからメールがありました。また、ステキな偶然もありました。
 水上公園に遊びに行ったパパとふぅが、マラミュートに出逢ったのです。滅多にいないマラミュート。優しく穏やかな眼差しの女の子でした。パパの「莱夢みたいだね」の一言で、「え?あの莱夢ちゃんのパパさん?」ということになりました。そのステキなマラミュートのレディが、すっかり成長したラムちゃんだったのです。この嬉しい偶然の出逢いから、再びメールのやりとりが始まりました。そしてついに今日、果たせなかった約束を果たすことができたのです。
 ラムちゃんは、本当に穏やかで優しいレディに成長してました。ドッグランでの優雅で穏やかな振る舞いなど、もぉ、本当に感心しちゃいます。ママさんをはじめ、ご家族みなさんが愛情いっぱいに育て上げたことがよくわかりました。また、ラムちゃんママさんも、思ったとおりの明るくてステキでチャーミングな女性でした。私と莱夢の物語はもう新しく紡ぐことができませんが、こうして身近に、しあわせいっぱいのマラミュートの物語が紡がれていることがとても嬉しいです。きっと莱夢も、雲間から微笑んで見ていたことでしょうね。ラムちゃんのホームグラウンドは川向こうの公園なのですが、時々ママさんとラムちゃんに会いに脚を伸ばそうかと思います。
アラスカンマラミュートのラムちゃん
アラスカンマラミュートのラムちゃん
アラスカンマラミュートのラムちゃん

 1月18日(火)
 北斗は凛々しいなぁ〜。優しくてかっこいい我が家の長男です。 北斗と昴

 1月22日(土)
 昨日は会社の同僚3人とそのお嬢さん(4歳女児)1人が遊びにきました。北斗は接待猫なので誰にでもゴロゴロ甘えちゃうのですが、昴は少し人見知りして抱っこをイヤがり、2階の寝室に隠れてしまいました。
 私が様子を見に行くと素直に抱っこさせてくれました。私たち家族が抱っこするのは大丈夫なので、やはり信頼してくれてるんですね。
 北斗の見た目がワイルドなら、昴くんはノーブルですね。なんだか高貴な雰囲気さえあります。もぉ、すっかり我が家の次男坊です。同僚たちにも可愛いと大人気な昴くんでした。
 今朝になってふぅが発熱・・・。昨日、はしゃぎすぎちゃったのかな?インフルエンザでないとよいのだけど・・・。
北斗と昴


 1月29日(土)
 今日は久しぶりに外出しました。パパが前日の晩、行きやすくて雪のない場所を調べてくれました。ふぅも広い牧場を走り回って遊び、楽しめたようです。
 夜になってネットで注文した2ニャンの新しいベッドが届きました。昴は野育ちのせいか、オープンタイプのベッドがお気に召さないようでした。屋根があって隠れられる場所が好きなようで、北斗のカマクラ型のベッドに入って眠っていることが多かっのです。北斗が遠慮して床で寝ていることも・・・。今回購入したキューブ型のベッドは、2ニャンもすぐに気に入り、ご覧のとおりにすっぽりと納まってます。中にはペット用のホットカーペットが入っているので、とってもあったか・・・。なかなかよい買い物をしました。
北斗と昴

 1月30日(日)
 新しいベッドは40センチ四方あるのでかなり大きくて場所をとります。パパが棚を作って、2段ベッドにしてくれました。上の段は北斗、下の段は昴のお気に入りです。 北斗と昴