アラスカンマラミュートの莱夢の思い出や育児など、日常をつづった2010年10月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2010年 10月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 10月3日(日)
 パパの会社のイベントで東京ディズニーランドに行ってきました。案外と空いていて、10個以上のアトラクションに余裕で乗れました。ハロウィンのパレードにふぅはノリノリで踊ってました。前回行ったときよりも、「汽車はトンネルで怪獣がでるから乗らない」などはっきり意思表示するようになったふぅさんです。

 10月4日(月)
 今日は静かな雨・・・。昨日の楽しかった思い出を、ふぅは絵を描いて見せてくれました。ふぅの成長にありがとうです。

 10月6日(水)
 幼稚園にお迎えにいったら、ふぅは友達と遊び足りないようでなかなか帰ろうとしません。そこで、近くの公園で待ち合わせて一緒に遊ぶことにしました。いったん帰宅し、オヤツを食べてから出直したふぅさん。ちょっと眠かったようだけど、「結婚した」と宣言したお相手のゆうま君に逢うとニコニコご機嫌に!
 すぐに仲良しのお友達が集まってきて、みんなで薄暗くなるまで遊びました。仕事が休みだと、こんなふうにすごせて嬉しいです。


 10月8日(金)
 このところ涼しいので、北斗が冬用のベッドを使い始めました。このミチミチ感がよいようです。丸まった北斗君、可愛いですよ。
 明日はふぅの初めての運動会なのですが、お天気がすごく微妙です。予報は「曇りのち雨」です。朝からシトシト降るのか、昼からなのか・・・。困ったのはお弁当の準備。ある程度用意しておきたいのだけど、順延となると無駄になっちゃうし・・・。さて、困りました。
 運動会の観覧席は、クラスごとに幼稚園側が用意してくれます。大人2人がやっと座れるくらいのスペースだけど、朝から場所取りなどしなくて済んで助かります。クラス内での席は子どもがくじ引きで決めるのですが、ふぅは10番を引き当ててくれました。

 10月9日(土)
 今日はふぅの運動会です。予想どおり、早朝6時すぎに幼稚園からの連絡網が回ってきました。やはり今日は中止で、11日に延期だそうです。残念だけど、予報で確実に「晴れ」となっている11日のほうがよいかも・・・。

 10月11日(月)
 朝から見事に晴れました!今日はふぅの初めての運動会です。心地よいというよりは、暑いくらいの天気でした。
 一所懸命に練習していた「こぶたのピクニックサンバ」や徒競走など、初めての運動会を満喫したふぅでした。お弁当は仲良しのお友達と一緒に、幼稚園内の芝生の広場でワイワイ食べました。年少さんは午前中で競技が終わるので、閉会式までのんびりです。



 10月14日(木)
 夢うつつにドヤドヤと人が騒ぐ気配や怒号を聞いていました。それから、遠く近く重なり合う激しいサイレンの音・・・。悪夢を見ているような寝苦しさ。ほの暗い水底から、青白く揺らぐ水面を見上げているような感覚・・・。あの水面まで上がれば、きっと目が覚める・・・。
 パパがきしむベッドの上に這い上がってきて、さっとベッドサイドのカーテンを開けた瞬間、「うわああ!!ここだぁぁぁぁ!!!」と、ほとんど声にならない悲鳴をあげました。私もはっと目が覚め、窓の外を見ました。私の目に飛び込んできたのは、天を焦がす炎の柱!お向かいの家の屋根の上、激しい火の粉を巻き上げながら、オレンジ色の火柱が、夜空をなめるようにゴォゴォと燃え盛っていました。火事!火事!!火事!!!
 外は騒然としていました。耳を裂くようなサイレンと、バタバタ走る足音、怒号、ホースを引きずる音、悲鳴・・・。パパは着替えて様子を見に外に行き、私は避難するため、北斗をキャリーバッグに入れようと、北斗を探しました。ところが、北斗がどこにもいません!ベッドの下、鏡台の下など、潜り込みそうな場所を探しても、どうしても見つかりません。
 いったん北斗の捜索は諦め、大切な書類や家族の写真が入ったCD-Rなどを袋に詰め込みました。玄関のドアを細く開けて外の様子を見ると、5センチ四方はありそうな木片や消し炭が、炎を纏ったまま風に舞って降り注いできます。このまま、家まで燃えちゃうんだろうか?目が覚めて不安そうにしているふぅをぎゅっと抱っこすると、早鐘のような胸の鼓動が少し落ち着きます。
 パパが外で消防隊員の手伝いをしながら、火災の状況を見てきてくれました。燃えているのは道を挟んで2軒目の家で、燃え広がる心配はなさそうとのことでした。また、怪我人もいないとのこと・・・。外は火の粉が舞っていてかえって危険なので、家の中で待機していたほうがよいそうです。少し落ち着いて時計を見ると、時刻は明け方の4時15分頃でした。
 完全に鎮火したのは午前7時近かったと思います。外が静かになった頃、2階から「チリン」と鈴の音が・・・。恐怖のあまりどこかに隠れていた北斗が、やっと出てきました。足音を忍ばせ、辺りをビクビクと見回しながら階下に下りてきた北斗の尻尾は、まだタヌキのようにボサボサに逆立っています。わずかな物音にも、ビクッと姿勢を低くします。それでもご飯を食べてくれました。
 火事をこんなに間近で見たのは初めてでした。生活のすべてを焼き尽くす炎の恐怖。しばらくは忘れられそうもありません。

 10月16日(土)
 今日は川越まつりです。町内の山車は会場に出ませんが、町内のみ引き回します。今年も「町方」として引き手になる私たち家族です。昨年に引き続き、ふぅは元気に山車を引き、町内を歩き回りました。夜の部にもしっかり参加し、山車を仕舞うところまでちゃんと見守りました。最後は小学生たちに混じって提灯を振りかざし、「わあぁぁぁ!」と掛け声を掛けました。曳っかわせのときみたい・・・・。
 この町内に越してきてよかったと思うのは、地域のみなさんの結束が固いこと。そして、元気なお年寄りが多いこと。町内の行事で顔を合わす方が多いので、名前は知らなくてもなんとなくみなさん「顔見知り」なのです。地域みんなで子どもを見守ってくれるような、温かい街です。本当に、この街に住んでよかった!



 10月26日(火)
 今日は嬉しい幼稚園のハロウィンパーティー!仮装をして1日中遊びます。ふぅは黒いドレスに黒いマント、とんがり帽子で、「黒い魔女」になりました。

 10月27日(水)
 自宅にふぅの友達とママ友達を招いて、プチハロウィンパーティーをしました。昨日の仮装をそのまま持ち寄り、それぞれにドレスアップして過ごしました。女の子って、3人集まればとっても賑やか!ふぅはお友達が帰ってしまうのが悲しいらしく、帰り際は「何で帰っちゃうの!?何で泊まっていかないの!?」と大泣き・・・。みなさんのお宅から少々離れているけど、また遊びに来てほしいです。

 10月30日(土)
 こんなふうに肌寒い雨の日、北斗は眠ってばかりです。冬用のベッドを出したら、さっそく丸くなってます。