アラスカンマラミュートの莱夢の思い出や育児など、日常をつづった2010年9月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2010年 9月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 9月2日(木)
 今日はふぅの4歳の誕生日。この一年でふぅも大きく成長しました。例えば言葉・・・。少し舌足らずだけど、「ブッコロリー」が「ブロッコリー」に、「やらわかい」が「やわらかい」に変わりました。でも相変わらず「ヘリコプター」は「ヘリポクター」です。
 ふぅが描く顔の絵には、ほっぺに可愛い赤い丸があります。先日、「これは何?」と聞くと、ニコニコしながら「これはね、シアワセなのよ」ですって。なんだか涙が出ました。こんなに可愛いふぅと一緒にいられて、ママもパパもすごくシアワセです。
アラスカンマラミュートの莱夢

 9月4日(土)
 ふぅが家族の絵を描いてくれました。右から、ふぅ、ママ、パパ、北斗、莱夢です。ふぅの中で莱夢の記憶はだんだん薄れているのでしょう。写真を見ながら描いたのに、なんだかイマイチ・・・。ちょっと淋しい気分になります。
 ソファの木製の脚を取り外して、ローソファ仕様にしてみました。以前からソファの下の隙間にふぅのオモチャやクッションが入り込み、ホコリまみれになってイラッとすることがありました。脚を取って大正解。なかなか快適です!
0904ふぅの描いた絵
0904ローソファ

 9月6日(月)
 北斗が9歳の誕生日を迎えました。これまで大きな病気もなく、いつもやんちゃで甘えん坊なその仕草と姿で癒してくれる北斗。ありがとう。これからもふぅのお守をお願いしますね。 0906北斗

 9月11日(土)
 ときどき、思わぬ方から励ましのメールをいただき、莱夢が残してくれた「縁」の不思議を感じます。みなさまとても心配してくださり、こうして再開したウェブサイトを見て安心してくださったようで、もっと早く再開すればよかったと反省しきりです。ご心配をおかけし、すみませんでした。また、莱夢のことを覚えていてくださり、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
 莱夢が生きた最後の数ヶ月は、やはりまだ文章に書くことができません・・・。私の胸の中に決して癒えない傷があり、ともすれば簡単に血を流すのです。
 莱夢が自力で立てなくなり、やがて薬も注射も効果がなくなり、とうとう食べ物も水も受け付けなくなったとき、ずっと恐れていた「いつか」という瞬間が迫っていると感じました。生きていることの不思議、死んでいくことの不思議を感じながら、決して後悔しないよう、生命の選択を迫られる毎日でした。莱夢は莱夢らしく、天から与えられた地上での時間をしっかりと生きたのだと思います。でも、どうしてこんなに短かったのでしょう・・・。神様は意地悪です。あんなにも私たち家族に愛され、必要とされていた莱夢を、こんなにも早く連れて行っちゃうなんて・・・。もっともっと一緒にいたかったよ、莱夢。
 莱夢は最期、私の膝の上に頭を乗せて、私の腕に抱かれながら眠るように呼吸を止め、家族に見守られて潔く旅立っていきました。「ありがとう莱夢。もう逝っていいよ。いっぱい頑張ったよ。莱夢がいてとてもシアワセだった。ありがとう。ありがとう。」私は泣きながらそんな言葉を掛けたと思います。
 あれから1年半近く経ち、莱夢がいないことが日常になりつつあります。それでも、ふとした瞬間に彼女の姿を探してしまう自分がいます。私の記憶の中で、いつも物静かに微笑んでいる莱夢です。
アラスカンマラミュートの莱夢

 9月13日(月)
 幼稚園で9月生まれのお誕生会があったそうです。お誕生日の本には手形や成長記録が丁寧に書かれていました。ふぅの身長、100センチを越えました!大きくなったね〜。 0913ふぅの成長

 9月17日(金)
 朝、パパが置いていった会社の商品が入ったダンボール・・・。私が仕事から帰ってきてよくよく見たら、爪を研いだあとがクッキリ・・・!北斗ですね。一応パパに「大丈夫?」と右の画像を写メールしました。パパは画像を見て大爆笑だったそうです。よかった!
 あんなに暑かったのが嘘のよう・・・。昨日は肌寒いくらいでした。朝起きて窓を開けたとき、空気が凛と冷たく感じると、なんだかワクワクします。これから過ごしやすい秋が、そして絶好調の冬が始まる!・・・なんてね。莱夢はもぉいないけど、それでも秋から冬が好きです。昨日の雨で空気が入れ替わったのか、今日の夕方は秋のにおいがしました。
 涼しくなると北斗との物理的距離が縮まります。暑いときは玄関や廊下で長くなって寝ていた北斗。今月6日の誕生日くらいから、夜になるとそばに寄り添ってきます。季節を敏感に感じとっているんですね。
0917北斗とダンボール

 9月22日(水)
 昨日の昼過ぎ、勤務中の私の携帯に幼稚園から連絡が!ふぅが39度近い熱を出してるとのこと・・・。すぐに早退させていただき、迎えに行きました。寒暖差が激しいのと、夏の疲れが出ているのでしょうか?今日は37度前半に下がったのですが、仕事をお休みしてふぅに付きっきりです。
 今日は中秋の名月ですね。さっきふぅと月を見てたら、「もっとお月様の真ん前で見たい」ですって!あどけないことを言うふぅです。
 北斗は昼間っから家にいる私が珍しいのか、ヒトのお腹の上で寝ております。

 9月25日(土)
 家電エコポイントを旅行券に還元して、一泊温泉旅行に行ってきました。莱夢がいたころはペンションに宿泊することが多かった我が家です。莱夢がいなくなったら、いなくなったなりの旅行を・・・。私にとってはかれこれ10年ぶりくらいの観光ホテルでした。
 谷川岳のロープウェーに乗るとき、旦那さまともども、莱夢と最後に行った那須旅行を思い出し、少し淋しい笑顔を交わしました。ロープウェー乗り場のエスカレーターに乗れなくて、観光客の笑いを誘ったっけ・・・。ロープウェー内で耳を澄ます姿や、山頂のドッグランでふぅと走る姿、今でも目の前のいるように思い出せます。遊び盛りのふぅは、観光よりも思い切り走ったりできるほうが嬉しいようです。「ここ、走っていい?」と嬉しそうに聞くふぅです。安全に走れる場所を探すなんて、なんだか莱夢と行った旅行と変わらない??初秋の谷川岳は、紅葉の気配を少しだけ感じさせてくれました。
 温泉街に下りてくると、なんだか物々しい雰囲気。あちこちに団体の(?)警察官がたむろして、明らかにSPらしい黒いスーツの男女がインカムで何か話してる・・・。要人警護でしょうか?予定していた観光施設の駐車場が警察車両で埋まっていたので、予定を変更して駅のほうへ行ってみました。何やら煙が見えるので行ってみると、そこにはD51が!物珍しさにふぅも驚いてました。



 9月26日(日)
 2日目は「匠の里」に行ってきました。以前、ソウル君一家とハイジの里に行ったとき、こちらに寄りました。莱夢との懐かしい想い出の場所です。


 9月29日(水)
 今日は幼稚園のママ友達との、はじめてのランチでした。平日4日間仕事をしている私が、幼稚園でランチスするようなママ友達ができるとは思いませんでした。子どもが仲良くなると、親同士もなんとなく仲良くなっていくものなのですね。でも、お誘いいただけて本当に嬉しかった。
 11時に集合し、他愛もない話で盛り上がるとあっという間に14時!みんなでお迎えに行き、そのまま公園に遊びに行きました。いつもはお迎えの後にサヨナラする友達と、ずっと一緒に遊べて嬉しかったようです。