アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々や育児など、日常をつづった2007年7月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2007年 7月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 7月2日(月)
 私の住む地域には、新米ママをサポートしてくれる「子育て支援センター」があります。育児支援というより、ママどうし、赤ちゃんどうしの交流の場になっていて、遊びながら、ふぅはたくさんの刺激を受けて成長しています。私もふぅと一緒に「親子」として育ててもらっている感じ・・・。
 この日記をどのくらいの人が読んでくれているのか分からないけど、「犬との暮らしもいいもんだ」とか、「子育てって楽しそう」とか思ってくれると嬉しいです。はじめての育児で戸惑うことも多いけど、子育てって本当に楽しいことや嬉しいことの方が多いです。そりゃあ、夜中に何度も起きて寝不足になったり、トイレやお風呂もゆっくり入れなかったり、家の中が散らかったりするけど、ベビーの元気な笑顔を見るとちっとも苦になりません。何事も捉え方しだいで気持ちは変わります。「どうして寝てくれないの」とイラつくよりも、「眠いのに眠れなくて可哀相ね。ママがなんとかしてあげるね」と思うほうが、ママもベビーも穏やかでいられます。育児は育自。もう一度生まれなおした自分を、自分自身で育てているような、ベビーのお世話を通して、人として、親として育てられているような、とっても新鮮で不思議な体験です。

 7月4日(水)
 今日は子育て支援センターで七夕の集いがありました。七夕飾りを作って笹に飾ります。ふぅは微妙に「後追い」するようになってきていて、作った飾りを私が笹に飾っている間、友達と遊びながらも不安そうでした。明らかにママを探してます。わざと後ろからそっと近づき「ふぅちゃん」と呼ぶと、振り返ってベソをかきました。「どこ行ってたのよ〜」としがみつくふぅに、成長したなぁと感激です。飾った枝はそのまま自宅に持ち帰れたので嬉しかった! 昨日くらいからオッパイのときにちょっとチクチクすると思ったら、ふぅの上の右前歯が生えきました。嬉しいやら淋しいやら。ふぅちゃん、あんまり急がずに、ゆっくりゆっくり大きくなってね。

 7月5日(木)
 午前中、近くに公民館に本を借りに行きました。町内の方の厚意で、たくさんの新しい本が寄付され、公民館が図書館として利用できるようになってます。赤ちゃん向けの紙芝居や絵本が多いのが嬉しい!また、ふぅがハイハイし放題なのも嬉しい!!今日は「ハッピー子育て川柳」と「いいこいいこ」を借りました。川柳には、育児の楽しさ嬉しさ、そしてつらさがいっぱい表現されていて、とても温かい気持ちになります。
 ふぅのお昼寝に付き合って私もウトウトするのは、たまらなくシアワセな時間です。眠りに落ちる前、ふと幼い頃を思い出すことがあります。風に乗って微かに聞こえる遊園地の園内放送。太陽と青葉の薫る風。幻のように揺れる懐かしい柄のカーテン・・・。もう取り壊されて無い、川崎の実家の景色です。両親の愛情に包まれ、ただただシアワセだった、あの懐かしい日々・・・。あの頃、夏はもっと「夏」だったし、冬はもっと「冬」でした。ふぅとの毎日は、自分の幼い頃を思い出させます。いつか、ふぅが大きくなって子供の頃を振り返ったとき、それが穏やかで温かい思い出ばかりになるといいな・・・。
 お昼寝から覚めたふぅは、夕方から微妙に下痢気味に・・・。先週くらいからあまり食欲がなく、ちょっと体調がよくないのかも。熱もないし機嫌もよいし元気なので、少し様子をみます。


 7月6日(金)
 ふぅは今日、はじめて歯軋りをしました。前歯が萌出しだした乳児にはよくあることなようです。
 午後からは駅前の児童館に行ってみました。広くて涼しくて、なかなか快適です。今度はお友達を誘って行きたいです。
 夜、ショックなことに、ふぅはベッドから落ちてしまいました。ベッド自体低いし、下にはお布団が敷いてあるので事なきを得ましたが、もぉ、ママは申し訳なくて可哀相で・・・。ふぅを寝かしつけているとき、階下で莱夢がバタバタと北斗を追い回している様子だったので、「ああ、ウンチが出たんだな。片付けてあげなくちゃ」と思ってました。ふぅが寝入ったのを確認してからリビングに行き、莱夢のトイレを片付けてから莱夢と北斗にご褒美をあげ、おやすみの挨拶をし、戸締りと電気を消して寝室に戻ると、ベッドの下のお布団にふぅがうつ伏せで寝てました。え〜!?どうやら起きてしまい、ハイハイしてベッドから落ちてしまったようで、半分寝ぼけながら「うぇ〜」とベソをかくふぅちゃん。すぐに抱っこしてあちこち怪我がないか確かめ、大丈夫だと分かって一安心。きっと怖かったでしょうね。ふぅちゃん、ごめんね。ホントに無事でよかった!一瞬の油断が事故につながるんだと、ヒヤリとしました。

 7月7日(土)
 ふぅは今日になって急に人差し指を立てて、指差しするようになりました。ニコニコしながら北斗や莱夢を指差すので、「北斗だね」とか「莱夢がいるね」とか、そのつど答えてあげると嬉しそうです。
 また、以前はオモチャを見せるだけでくれなかったのに、「ちょうだい」というと、くれるようになりました。「ふぅちゃんありがとう」と大げさに喜んでみせます。すぐにふぅは「ちょうだい」と手を出すので「ふぅちゃんどうぞ」と返してあげるのですが、またすぐに「どうぞ」と私にくれます。同じオモチャがふぅと私の間を行ったり来たり。「ちょうだい」「ありがとう」「どうぞ」を、ふぅが飽きるまで繰り返します。とってもシアワセな瞬間です。

 7月9日(月)
 月曜日は子育て支援センターの日です。オモチャの貸し借りは、お友達同士ではまだできません。大好きなママには特別に貸してくれるようです。
 ふぅの下痢は続いていて、1日に5回くらいに・・・。ウンチのたびにシャワーで洗ってあげるので、この数日は1日に4〜5回シャワーを浴びてます。変に拭くよりもさっぱりするし、あせも対策にも効果的です。
 心配なので念のために午後から病院に行きました。食中毒や病気ではなく、いわゆるよくある下痢とのことです。食欲は戻ってきたし熱もなく元気なので心配ないようです。ビフィズス菌の整腸剤だけいただきました。

 7月10日(火)
 ふぅはよく食べてくれるようになりました。この2週間ばかり中だるみなのか暑いからなのか、あまり食べずにオッパイばかりだったふぅちゃん。作っても作っても捨ててばかりで悲しいし、心配でした。まだ下痢気味なので、いつも以上に細かくすったり裏ごしたりしてますが、どんなに手間が掛かってもよく食べてくれるのは嬉しいです。このごろは食べ物に興味があって、おかずを手でこねたり、指についたご飯粒をじっと見たり・・・。きっと不思議がいっぱいなのね。ふぅの好奇心を大切にしていきたいです。

 7月11日(水)
 今日はママ友達と集まってランチしてきました。11組の予定が、体調不良で3組欠席し、8組でのランチです。前回のランチでは、ほとんどの赤ちゃんがハイハイするかしないかだったので、案外落ち着いて食べられたものです。でも今回は、みんな掴まり立ちや伝い歩きをするし、ハイハイでどこまでも行ってしまうので、まったく目が離せません。赤ちゃんって不思議で、「これは触らないで〜!」という物にかぎって興味を持つのか、突進していくんです。床の間の壷が大人気で、ママ達はヒヤヒヤしてました。そんな中、ふぅは眠くなったらしく、ちょっとオッパイを飲むとご覧のように寝てくれました。手の掛からないふぅで助かります。離乳食が進んできたので、それぞれにご飯や茶碗蒸しなどを食べさせることができて、とても楽しい時間でした。同じ年頃の子供を持つママどうし、これからも仲良くしたいです。
 ふぅは下痢がほぼおさまってきました。そして、急に「マンマン」とおしゃべりするようになりました。偶然かもしれないけれど、私を見て「マンマ」と言ったときには嬉しくってぎゅっと抱きしめてしまいました。「ママのこと?ねぇねぇ、もう一度言ってみて!」と何度も催促。ふぅはいろんなところを指差して「マンマン」と言ってます。ママが喜ぶので、ふぅも嬉しそうです。

 7月12日(木)
 ふぅは自分が食べてるものを莱夢にあげようとします。「あげる」と言うよりは「見せてあげる」のです。莱夢はふぅの手から無理に奪い取ることはしないけれど、差し出されれば「いいのかな?」とかなりモノ欲しそうだし、油断するとなめるくらいしちゃう・・・。ふぅの「あげる」と言う優しい気持ちは大事にしたいけど、莱夢に人間の物をあげるのはよくないし、誤って莱夢がなめた物をふぅが口に入れるのは避けたいし、ちょっと考えどころなのです。

 7月13日(金)
 今日は国道沿いの仙波浅間神社の「初山」です。安産や子供の無病息災と出世を祈るお祭りなので、この日は川越中から赤ちゃん連れや妊婦さん、若い夫婦が集まります。小高い丘を富士山に見立ててあり、急な階段を登ると神社があって、神社の後ろには噴火口に見立てたお池もあります。なんでも、元々は古墳だったそうです。
 そんな訳でママ友達4人と待合わせてお参りに行ってきました。お賽銭を入れて参拝すると、神主さんが御幣をかざして祈祷くれます。また、参拝が終わると、赤ちゃんの額に判を押してくれます。名物の団扇とあんころ餅を買って、帰りにはみんなで食事してきました。
 ふぅはこの頃、ママのお財布が気になるようです。バッグの中からお財布を探し出し開けようとします。お金とか、飲んじゃうと大変だから油断できないわ!
 ふぅの下の左前歯は、どうやら癒合歯のようです。生え始めたときに右前歯と比べて幅があったし、途中に溝のような切れ目があったので、「もしや」と思っていました。だいぶ生えてきて、右前歯の1.5倍くらいあるしハート型だったので「やっぱり」と思ってます。癒合歯とは、2本の歯が1本に癒合して生えてくることで、乳歯では時々あるようです。永久歯は普通に生えてくるかもしれないし、癒合歯かもしれないし、欠歯かもしれないそうです。いずれにしても、永久歯の歯並びに影響するので、レントゲンなど撮って注意しなくては。ふぅは歯医者さんと早くからお付き合いすることになりそうね。現代人は硬い物を食べなくなってきているので、顎が細く小さくなっているそうです。それに合わせて、歯も減る方向にあるとか。ふぅはちょっと未来人なのかも。さて上の右前歯は生えてきましたが、左前歯を差し置いて、その横が生えてきました。生える順番はいろいろだと言うけれど、かなり変則的なので驚くやら心配するやら。
 それから、今日の夕方から、ふぅはバイバイができるようになりました。掌ではなく、肘から振る仕草は可愛いです。



 7月14日(土)
 テーブルに挟み込んで使う椅子を買ってみました。ふぅは仰け反って遊ぶので、背もたれ付きにしました。まだ小さいので、椅子に埋もれてる感じかも。これで食卓にふぅ専用の場所ができ、よかったです。
 日中ホームセンターに行ったとき、ふぅを抱っこしてペットコーナーに行ってみました。ふぅは意外にも、ぎゅっとしがみついてきました。どうやら子猫や子犬が怖いようなのです。初めて見るからでしょうが、ふだん大きな莱夢やすばしこい北斗と遊ぶふぅなだけに、ちょっと驚きです。

 7月18日(水)
 最近はパンツタイプのオムツをしてることが多いふぅちゃん。ベビーベッドの柵に掴まって、立ったままオムツを脱がせ、新しいオムツを履かせようとしたら、チョ〜〜とオシッコしてしまいました。すっごく気持ちよさそう!きっとオムツを脱いでスッキリしたのね。立ったままのオシッコには驚きましたが、ママは笑ってしまいました。ただ、ベッドの上だったので布団は全滅・・・。さあ、困った!!
 ふぅはスリッパがお気に入りです。バッチイからなめるのはやめて〜!!莱夢も見てないで叱ってね。
 3連休以来、生活のリズムが崩れてしまったふぅちゃん。最近はいったん21時頃眠るのに、22時頃起きだしてひと遊びしないと気がすまないみたい。お天気が悪くて外遊びできないのも原因かも・・・。

 7月19日(木)
 ふぅと一緒に公民館の図書室に本を返しに行きました。ここだとハイハイしてたくさん遊べるので嬉しいふぅです。自分よりも小さな赤ちゃんがいると、そぉっと頭をなでてあげるふぅ。莱夢には乱暴だけど、北斗に対しては優しくなでるので、ちゃんと力加減してるんでしょうね。

 7月21日(土)
 最近、午後になると、リビングの窓の外を茶トラの猫が通ります。北斗は、どうも昨日くらいからそれに気付いたらしいのです。昨日はずいぶん窓辺に座り、外を見ていました。さて今日の午後、テレビの上で寝ていた北斗が猛ダッシュで窓辺に駆け寄りました。見れば、茶トラの長い尻尾が悠然と遠ざかるところ・・・。北斗はビビリながらも「また来るかも」と、小一時間窓辺に座り込んでました。もしも面と向かって猫と鉢合わせたら、北斗はどんな反応をするのでしょうか?ビビッて飛び上がるか、尻尾まで膨らませて威嚇するか・・・。ちょっと見てみたい気もします。

 7月23日(月)
 伝い歩きしたいふぅは、子育て支援センターの平均台を使って歩くのが好きです。でも、まふだ足元がおぼつかなくて、危なっかしい感じ・・・。
 子育て支援センター行くといろいろな親子がいます。それはとっても刺激になって、「私はちゃんとふぅのママしてるかな?」とか、「こういうのはぜひ真似したいな」とか、いろいろと考えさせられます。

 7月24日(火)
 お天気がよくなくて、ふぅも莱夢も北斗もつまらない様子。ふぅは掴んで食べるのがだいぶうまくなって、バナナを手で持って食べるようになりました。やわらかいバナナだと折れてしまったり握りつぶされてベタベタになってしまい、後が大変です。かといって、硬いバナナだとあまり美味しくないようで食べてくれません。熟れ具合が難しいのよね〜。

 7月27日(金)
 今日は大変な出来事が起きてしまいました。莱夢がふぅにガウガウやってしまったのです。やった莱夢も悪いけれど、一番いけないのはママである私です。ふぅの行動範囲内に、莱夢のお気に入りを置いておいたママが悪かったんです。結果から言うと、ふぅは後ろに転んだ際、自分の爪で耳を引っかいて怪我をしましたが、その程度で済みました。
 伝い歩きが出来るようになり、自由に動ける範囲が広がったふぅちゃん。この日、テレビ台の扉を開けることを覚えてしまい、何度も何度も開け閉めして遊んでいました。その際、莱夢のクッションに座っていたのですが、私はあまり気に掛けていませんでした。なぜなら、よくある光景だったからです。自分のプライベートスペースにふぅが乗っていることが、日頃のヤキモチも手伝って、莱夢なりに腹が立ったんでしょうね。私の目の前で、莱夢はふぅの右耳あたりにガウガウと威嚇してしまいました。
 その瞬間は、まるでスローモーション。ふぅが座ったまま後ろに転び、泣き出す前に、莱夢の首筋を左手で引っ張り、「いけない!」と叫びながらそのまま莱夢を床に引きずり倒し、脚で莱夢のわき腹あたりを蹴っていました。自分でもすごい力だったと、今になって思います。
 莱夢が痛みで「ヒーン」と悲鳴をあげ、お腹を出すのを横目で見ながら、すぐにふぅを抱っこして、怪我をしていないか確かめました。ふぅは大泣きしていましたが、幸い出血は見えないので、そのまま寝室へ行き、もう一度、莱夢がガウガウやった右耳や右頬のあたりをよく見てみました。怪我がなくてホッとしたとき、反対側の左耳に赤いものが見えました。血が耳の中に溜まっているように見えてギクリとした瞬間です。ティッシュでぬぐうと、小指の先ほど赤く染まり、耳の中に引っかいたような傷が見えました。そこから血がジワジワと染み出してきます。落ち着け!落ち着け!!莱夢が噛んだ?いいえ、もしもそうならこの程度では済まないはずです。考えるのも恐ろしいですが、ふぅの小さな耳なんて千切れてしまうでしょう。
 とにかく消毒しなくては!怖かったのでしょう、泣きながらしがみ付いてくるふぅを抱きしめながら、リビングに消毒液を取りに戻りました。莱夢はハウスの位置で、肩を落とすように静かに座って、耳だけでこちらの様子を伺っていました。こういう場合、莱夢は無視するに限ります。再び寝室に戻り、コットンに消毒液を含ませて何度かふぅの傷口を拭くと、血はほとんど止まりました。念のため、消毒液を直接かけ、乾くのを待ちました。ふぅはそのままオッパイタイムになってしまい、オッパイを飲みながらすぐに眠ってしまいました。
 ふぅが起きたら病院に行かなくちゃ!いつもの小児科に電話したところ、「こちらは内科ですので・・・」と言われ、いかに自分が冷静でないか気付かされました。そう、こういうときは外科ですよね?タウンページを取りにリビングに行くと、莱夢はさっきと同じ場所でじっと座っていました。私の厳しい態度と雰囲気で、「自分はかなりいけないことをしたんだ」と悟っているのです。
 近くの外科を調べてから、パパに電話して事の顛末を報告、相談したところ、耳の画像を送ってみてくれとのこと。さっそく送ると、「この程度なら病院行かなくて大丈夫だよ」と言ってくれました。実際、落ち着いてからふぅの耳をよく見れば、外科に行くほどの怪我ではありませんでした。よかった・・・。
 ふぅが眠っている間に、リビングに行って模様替えをしました。莱夢のクッションは、莱夢の水飲み場が置いてあるダイニングスペースに移動し、ベビーベッドの向きを変えて、リビングと仕切れるようにしました。これで莱夢のプライベートスペースはダイニングスペースにまとまりました。ベビーベッドで仕切れば、莱夢とふぅを隔離することが可能です。ふぅがうっかり莱夢のプライベートスペースに踏み込むこともなくなります。
 模様替えの間も莱夢を無視し続け、まるで存在しないかのように振舞いました。莱夢は少し緊張は解けたものの、不安で不安で、私の傍に来たくても来れず、オロオロしています。
 目が覚めたふぅは、いつものとおりご機嫌でした。莱夢をハウスさせた後にベビーベッドを移動して仕切り、リビングの床でふぅと遊びました。莱夢はこっちに来たくてヒーヒー鳴いてますが、ここは無視です。でも、ふぅの方が莱夢がいないことを不思議に思っているらしく、莱夢を指差し「マンマンマンマン」と、おしゃべりしていました。ふぅは、莱夢のことをちっとも怖がってないのです。その証拠に、おやつにあげたビスケットを、莱夢に差し出していました。で、莱夢は莱夢でちゃっかり首を伸ばしてゲットしていました。おいおい、ママは無視して叱ってるのに、まったく仲良し姉妹なんだから・・・。莱夢のご飯のとき、よく莱夢に言い聞かせて「無視」はおしまいにしました。
 莱夢は大きいので、たとえ悪気がなくてもふぅに怪我をさせてしまうことがあるかもしれません。ますます行動範囲が広がるふぅと、それに戸惑っている莱夢・・・。両者をどのように共存させていくか、よく考えなくてはいけませんね。ふぅに大きな怪我がなくてよかったけど、一瞬すべてが凍りついたような、本当に忘れられない一日でした。


 7月28日(土)
 今日、ふぅが初めて何にも掴まらずに立ちました。はじめは掴まり立ちしていたのですが、オモチャで遊ぶうちに夢中になってしまい、思わず両手でオモチャを握って立ったようです。でも、すぐに気が付いたのか、慌てて掴まってきました。あまり急がなくていいよ、ふぅちゃん。
 さて、今日はお友達の七斗君のお誕生会にお呼ばれしました。総勢4組の親子がそれぞれお料理やドリンクを持ち寄って集まり、七斗君を囲んでワイワイ楽しくパーティーです。七斗君ママはベビーのお食事まですっごく上手に作ってくれていて、ママは大感激。でも、ふぅは食欲がないのか遊ぶのに忙しいのか、まったく食べてくれません。せっかく作ってくれたのに、ごめんね。
 みんな子育て支援センターで知り合ったお友達です。みなさんそれぞれ育児を楽しんでいて、彼女達といると私も「もっともっと毎日を大事に、いとおしんで過ごそう」と、刺激になります。これからも育児を楽しみながら、ベビー達の成長を見守っていきたいです。

 7月29日(日)
 今日は川越の「百万灯夏祭り」でした。午後のお昼寝の後、ふぅと一緒にふらりと出かけてみました。思ったほど人がいなかったので、ベビーカーで行けばよかったかな?と、ちょっと後悔・・・。ふぅは抱っこで暑かったようです。
 今年も火縄銃の発砲がありました。絶対にふぅは泣くだろうなぁと、デジカメの動画で録画していると、思ったとおりの展開に。ご機嫌に指差して「んまんま」とお話していたふぅちゃん、1発目の銃声でびっくりして、2発目でみるみるベソをかき、3発目で「うえ〜ん」とパパにしがみついて泣き出してしまいました。その瞬間、ばっちりカメラにおさめましたよ!
 蔵造りの街を歩き、本川越の駅周辺の出店でいろいろ買って食べ歩きました。ふぅもカキ氷の氷だけパクついたり、ごきげんに過ごしました。ママとしては、ビールの1杯も飲みたいんだけど、ふぅがオッパイを卒業しない限りダメです。あ〜、でも飲みた〜い!

 7月30日(月)
 我が家では2階の寝室でふぅと添い寝しているのですが、ふぅが寝入った後は、様子が気になって家事もままならない状態です。ふぅは寝起きがよくて、起きても泣かずに一人で遊んでいることがあるので、うっかりベッドから落ちでもしたら大変!そこで、以前から欲しかったベビーモニターを買うことにしました。
 買ってよかったです。寝息や寝言はもちろん、寝返りの気配まで親機で受信できるので、リビングやキッチンにいながらふぅの様子がわかります。
 ふぅは北斗が大好きなようで、指差して「マンマン(ニャンニャン?)」と言ったり、大事そうになでたりします。北斗もまんざらではない様子。
 そんな元気なふぅですが、実は今朝から熱があります。朝、抱っこしたときに「なんか熱い」と思い熱を計ってみたら、やっぱり38度ありました。風邪かな?突発かな?午後には40度近くまで上がり、次第にご機嫌も悪くなり、ママの抱っこでなければ泣いてしまうふぅです。手を離せないのは仕方がないので、こういうときこそしっかり傍にいてあげたいです。
 寝る頃になっても熱は下がらず、寝入っても寝苦しいのか1時間おきに泣きながら起きてしまうふぅ。氷水で冷やしたガーゼをおでこに乗せながら、明け方まで寝たり起きたり。ママも寝不足で辛いですが、ふぅはもっと辛いでしょうね。代わってあげたいです。