アラスカンマラミュートの莱夢とともに過ごした日々をつづった2004年7月の日記です。

アラスカンマラミュート Prime Snow 〜莱夢といた日々〜

 2004年 7月 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 7月1日(木)
 ママの会社の制服、莱夢にも似合う?明日からOLさんとして働こうかしら?

 7月11日(日)
 7月3日、右下の乳房にしこりが見つかりました。大豆粒サイズの腫瘍です。先生と相談して様子を見ていたママだけど、この日、手術する決心をしました。悪性か?それとも良性か?このまま消えていくのか、それとも大きくなるのか?まさか転移してるのでは?不安が尽きないママです。手術は7月16日に決定です。三連休前だから、術後は莱夢とたくさん一緒にいられるね。でも7月24日からの軽井沢旅行はもちろんキャンセル。とっても残念な莱夢です。
 術後は傷口をなめないように、お洋服を着ることになった莱夢。ママのワンピースを試しに着てみたけれど、あまりにもピチピチ。で、ママのブラウスを縫い直してお洋服を作ってみました。似合う??



 7月14日(水)
 今日も暑いです。溶けちゃいそうです。クールマットの上で伸びる私。だって暑いんだもん。

 7月16日(金)
 いよいよ手術当日。莱夢も北斗もいつもと変わらない朝を迎えてます。ママはそわそわ落ち着きません。まずは血液検査の採血をしに病院へ。検査結果、とてもショッキングな事実が判明しました。腎臓の機能を示す数値があまりよくないのです。思えば莱夢の母犬は、5歳の誕生日を待たずに腎不全で天国に旅立ちました。莱夢もあまり丈夫ではないのかも・・・。ただし、正常値内にはギリギリ入っているので、今後十分にケアしていけば問題ないそうです。さて、いよいよ手術。
 麻酔が効くまで傍にいて、その後は先生にすべてを託しました。麻酔から醒める前に病院に迎えに行き、術後のご対面。莱夢、元気です。意識がハッキリすると、自分から車に飛び乗るくらい元気です。安心して泣けちゃうママでした。
 摘出した腫瘍は、小梅の種みたいな感じでした。大学病院に送って検査してもらいます。はたして良性か悪性か?良性だといいのだけど・・・。
 莱夢はお腹の毛を剃られて、なんだか涼しくて心地よさげ。莱夢のお臍を発見できて嬉しいママです。傷口を気にする様子もなく、ほとんど出血もしていません。安心しました。北斗は莱夢を気遣ってぴったり寄り添って離れません。
 夜はリビングに夜具を持ち込み、みんなで一緒に寝ました。ママの敷いたキャンプ用の寝袋は、一瞬にして莱夢と北斗に奪われました。そんなところまで仲がよくってほほえましい二人です。




 7月18日(日)
 術後は水をあまり飲まなくて心配。尿検査の結果、ちょっと脱水気味になってました。冷たくした水ならよく飲んでくれるようです。
 どうやら昨夜、傷口をなめてしまった莱夢ちゃん。ちょっと赤くなってます。いけませんね〜。


 7月21日(水)
 傷口はだいぶくっつきました。まったく気にしてないようで、なめたり噛んだりしてません。腫れもなくキレイです。偉いね、莱夢ちゃん。抜糸は25日かな?
 で、北斗は箱好き、カボチャ好き・・・。うちの子はなぜかカボチャが好きみたい。ママは不思議よ。



 7月24日(土
 腫瘍の検査結果が出ました。良性でした。よかった!転移の可能性もまったくないようです。ママはほっとしました。傷口の経過も順調です。明日抜糸で〜す。



 7月25日(日)
 無事に抜糸が終わりました。傷口は日に日に目立たなくなるようです。

 7月27日(火)
 北斗のシアワセな時間・・・。エアコンの効いた部屋の陽だまりで眠る北斗。なんて贅沢なんでしょう。いいな〜。ママはうらやましいわ。

 7月28日(水)
 北斗が軽い胃腸炎になってしまいました。食いしん坊の北斗が、ご飯を食べないなんて!!原因は暑さだったようです。エアコン入れてるけど暑いものね。
 さいわい軽かったので注射と飲み薬ですぐに元気になりました。お薬を砕いてご飯に混ぜると、気にせずお薬ごと食べちゃう北斗くん。とても助かります。体調が悪いと、甘えて莱夢の傍に寄り添う北斗なのです。


 7月30日(金)
 「わちふぃーるど」好きのママは、北斗に新しいカラーをプレゼント。ベルトのところに銀細工っぽいダヤンが着いていて可愛いのだ!
 夕方はからはお天気が回復したので公園へ。夏の夕暮れは気持ちいいね、莱夢。